2018年7月16日 (月)

朝鮮時代 座燈 ( ブログバトン )

조선시대 좌등 (朝鮮時代 座燈)

日産F24アトラス使いづらいナビの位置を最適な位置へ移設加工


どーも!!

くるまや工房オダジマです。

三連休最終日。

連休中はお出掛けには厳しい猛暑が続きましたが

天気も良く、お休み取れた方は羨ましいですね!!

車でのお出掛けの必需品と言えばナビ。

ナビがあれば初めて行く場所でも安心して迎えます。

もちろん!!

仕事でのお車の移動でも必需品ですね。

先日、納車致しました、日産F24アトラス

ナビの取り付けを行いましたが、

ただ、取り付けるのでは無く、ナビの固定位置を、

使いやすく、見やすい位置に移設させて取り付けさせて頂きました。

取り付けるナビはケンウッドMDV-D505BT指定店モデルを使用します。

下の画像が加工前の一般的に付けた場合の位置になります。

見ての通り、運転席からは遠く、かなり下寄りの位置になります。

運転席に座った状態からだと非常に使いずらいです。

ということで、ナビの固定位置を上段小物入れ、画像だと

ETCの付いている位置に移設します。

ナビパネルの枠を切り出しました。

ナビを移設位置に固定して枠をベースに一体パネルに加工して行きます。

ナビ本体を出来るだけ運転席寄りに寄せて、固定して、

木材を切り出しパネル形状に合わせて片側の隙間を埋めます。

おおよそでカットしましたが中のピッタリ具合。

最終はパネルとの隙間をパテで埋めるので後でもう少し隙間を

開けて置いた方が良いですね。

反対側のパネルも木材で成型します。

両側のパネル成型完了です。

ナビ左側には小さいですが小物入れスペースを作りました。

純正パネルと、ナビパネルの境をパテで埋めて、

ナビパネルベースは完了です。

仕上げは、純正風の質感を出したペイント仕上げで行います。

ペイント完了です。

見た感じは艶消しブラックですが表面も純正パネルに近い仕上げに

してあります。

ナビスイッチした側が製作したパネルで、

その下側が純正パネルとなりますが、かなり近い仕上がりに

なってると思います!!

パネル、ナビを固定して取り付け完了です。

ナビ脱着の際は純正と同じ外し方で出来るようにしました。

当たり前ですが、

開閉もスムーズに問題ナシ!!

パネル小物入れの中はフロッキーコーティングで、

さらに純正風に仕上げました。

上段に付いていたETCは下段の小物入れのスペースに移し、

ナビ付属のUSBも同じ位置に出して置きました。

全ての作業が完了です!!

移設前の操作性、見づらさは大きく改善されたと思います

折角、取り付けたナビも使いづらいのでは勿体ないですからね。

施工ご希望や料金、詳細などお気軽にお問合せ下さい!!

お待ちしておりま〜す3

7/29日日まで限定特別価格キャンペーン!!

双方向カーセキュリティシステムGrgoXシリーズ

この機会にお得にカーセキュリティの取付をご検討されたは如何でしょうか!!

ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

お待ちしております33
後付けサンルーフのキャンペーンを絶賛実施中です!!

7月31日まで!!

キャンペーン内容や取り付けに関するご質問など、

お気軽にお問い合わせください。

キャンペーン詳細はコチラ


後付けサンルーフキャンペーンスタート!
代車ご希望の方はご予約時にお伝え下さい。
お支払いは現金、またはローンも大歓迎です。
みなさまのご来店お問い合わせ等
スタッフ一同お待ちしておりま〜す

ご確認下さい
メールでのお問い合わせは定休日が被らない場合、基本的に24時間以内にご返信しております。
返信をしても届いていないケースが多く発生しています!
特に携帯のメルアドの方
24時間以上経っても返信が届かない場合、お手数ですがお電話をいただきご確認下さいますようによろしくお願い致します。

くるまや工房
283-0048千葉県東金市幸田113-4
0475-58-1020fax0475-58-1022
メール
ホームページ


引用元日産F24アトラス使いづらいナビの位置を最適な位置へ移

Amazonプライムデー

プライムデーでちょうど欲しかった水筒が対象で安く買えて

被災 ( 野球 )

実家の近くで崖崩れ。、そして同じ市内で大災害。
まだまだ、断水が続き、JRが止まり、復旧も見えない。
自然には勝てないと開き直って、前を向かなきゃね。

表彰式

まさかの大粒の雨でビックリ!忘れられない表彰式にはなったかも!

2018年7月15日 (日)

日曜劇場『この世界の片隅に』第一話

「昭和の戦争のさなか懸命に生きた家族の愛と命の感動物語!」

内容

昭和18年。父・十郎(ドロンズ石本)母・キセノ(仙道敦子)のもとに生まれ、

兄・要一(大和田悠平)妹・すみ(久保田紗友)らと暮らす浦野すず(松本穂香)

その日、兄・要一が出征していく。


そんななか、すずを嫁に欲しいという人が、実家に来ていると連絡がある。

祖母・イト(宮本信子)の家から、急ぎ、帰宅するすず。

途中、幼なじみの水原哲(村上虹郎)と遭遇。

相手が、水原ではないと、気付くのだった。


家に辿り着いたすずは、家の外から中を見ると。

両親が、北條周作(松坂桃李)とその父・円太郎(田口トモロヲ)と

何かの話をしていた。


敬称略

脚本は、岡田惠和さん


演出は、土井裕泰さん


原作および映像作品については。。。。。語らない。

話は、戦争中に懸命に生きた家族の物語。


まあね。別に、悪いとは思いませんけど。


なんかね。。。。


原作および映像作品、そしてこういう作品に、免疫がない人は、満足だろうが。


個人的には、今回を見た印象は。。。。“中途半端だなぁ”って感じだ。

例えば、開始30分で、いろいろなコトが盛りこまれている。


それも時間経過を使ってだ。


そういう手法自体を否定しませんが。


冷静になれば分かりますが。。。。


30分後からの開始でも、話しは成立出来ている。


その時点で、30分の意味は、あまり無かったと言っても過言では無いだろう。


もちろん、話しが繋がっているのも、分かるんだけどね。


でもなぁ。。。この描き方で、繋がっていると言いきられてもなぁ。。。

極論を言えば、


今作は、結末ありき。。。であり。


そこまでの物語を紡ぐだけで、良いワケなのだ。


そう。ドラマだからと割り切って、すでに結婚している状態で、


話を始めてもよかったんじゃ??


と、個人的には思っている。


そうすれば、話はブレないし、無駄が無くなりますしね。

例えばの話。


なぜ、感動的に見えるのか?を考えれば分かるのだ。


そこに落差が存在するためだ。


だからこそ、よりいっそうの感動を呼ぶんだよね?


本題に入る前ではあるが、今回でも、出征のシーンや、戦死の。。ってのが


いくつか盛りこまれていた。


これなんて、良い例。


日常があるから出征、戦死が、悲しくなるのだ。そう。落差。


今作は、前述してしまったが。。。。。中途半端。


たとえ、本題じゃ無くても、こういうちょっとした事でも、


丁寧に描かなければ、盛りこむ意味は無い。。。ということだ。


世界観が表現されているとは言えなくなりますしね。


ましてや、こういう作品だからこそ。。。中途半端はダメだと思いますよ。

だから、思い切って。。。。


その方が、良かったんじゃ?


視聴者も、そしてファンも、ドラマだと割り切れるし。


力を入れているのが伝わってくるだけに。。。。


次回からに期待します。


本当の意味で、物語の始まりだと思いますし。


TBは以下のミラーへお願いします

やけそそぐひのいわにいてやましずか。山頂って他に誰もいないと、びっくりするほど静かなこ

やけそそぐひのいわにいてやましずか。山頂って他に誰もいないと、びっくりするほど静かなことありますよね。俳句百人一句楽天Kobo電子書籍で発売中より。史上最高の俳人100人による最高傑作100句をご紹介しています。
和寂さん()がシェアした投稿-2018年Jul月15日am3時57分PDT

近況

久しぶりに日記でも書きます。日記というより近況を書きます。近況を書く前にひとこと。皆さん過去の日記のコメントを見ていて思ったのです。本当にありがとうございました。コメントをくれた方、読んで下さった方、僕は本当に感謝したいです。ありがとうございます。
過去の日記から学べるのは辛い中でも伝える気持ちを忘れなかったその前向きさです。皆さんからも沢山力をいただき当時の僕は人の優しさを知りました。感謝してます。過去の自分もちゃんと肯定していこうと思ってます。
近況を書きますが、書きたくない部分はあえて書かずに、福祉的労働をしているとだけ記しておきます。これから先ゆっくり焦らずステップアップしていこうと思っています。私生活ではアコギなど練習して三年くらいになりました。ここ2年はベースギターに関しては殆どしてなくて専らアコギ練習してます。サッカーゲームもまたしてます。
こうやって改めて近況報告してると、本当に落ちついたなんともいえない気持ちになります。
これからも音楽と共に生きて、それだけでなく仕事もちゃんと頑張って、いずれ社会的にも役割を果たせるようになりたいです。

Back

みれた、、きけた、、、思わず泣いてしまった

せつなさのむこう側


今、大阪は34度です。夏本番となると40度
近くまで上がるでしょうか。ただ、大阪の夏
は長く感じます。10月上旬までは蒸し暑さを
感じます。夏と冬は長くなり秋と春は短い季
節になってしまったと思います。先日、父の
元職場の方が滋賀から乗鞍方面へバイクツー
480kmと青いバイクの写真を載せたハガキ
を送って下さいました。椎間板ヘルニアの
治療中でコルセット生活と聞いたのですが驚
きました。70歳を少し超えておられます。
明日は海の日ですね。何処でもいいので少し
出掛けてみたいな、と思いますが。
二日前からエアコンをつけました。冷房には
せず除湿にセットし猛暑を凌いでいます。
今日は下の一枚と古い絵をリブログさせて下
さい。今日もお元気でいい一日をおすごし下
さい。いつも絵を見て下さって有難うござい
ます。

«チャラリート